合格者の声 -2016年度-

関西大学経済学部 魚住くん(三木高校)

関西大学 経済学部
魚住くん(三木高校)

浪人してよかった

ここに来るまでは何をしてもダメで落ちこぼれな人生を送っていたけど、KIPSに入り、皆と勉強し、高め合うことでみるみるうちに成長していった。高校時代は理系クラスだったので、文転した当初は特に日本史は一からのスタートで苦労したけど、学年を超えて一緒に切磋琢磨する仲間が出来て、最終的には、日本史で敵なし!一番の得点源にすることができた。後輩のみんな、とにかく頑張れ!努力は必ず報われる!

関西学院大学文学部 強力くん(高砂南高校)

関西学院大学 文学部
強力くん(高砂南高校)

やれば出来ると信じてベストを尽くしてほしい

私は浪人生になって初めて勉強というものをしました。これまで何でも途中で投げ出しやり遂げた経験もありませんでした。勉強はあまり好きではなかったけど、この浪人生活を通じて、何か目標を立てて、それに向けて努力するという経験をし、やる前から無理だと諦め可能性をつぶす事は、とても勿体ない事だと身をもって学びました。大切なのは、ただやれば良いというのではなく、やり方を知ってからやる事です。だから先生方や周りの分かる仲間に教えてもらうのが一番だと思います。

兵庫県立大学看護学部 長永さん(加古川西高校)

兵庫県立大学 看護学部
長永さん(加古川西高校)

「信じる」ことの大切さを実感

大学受験を通じて、私は「信じる」ことが大切だと実感しました。先生方は人生の先輩であり、受験の先輩です。これでいいのかな?と不安になる時もあったけど、素直に言われたことをこなすことが大切だと感じました。ワークをやっていても全然成績があがらなくて、違うワークに手を出す人も多かったですが、そのような事をしてもあがらないのがほとんどです。受験は大変だけど、得る物の方も大きいし、終わってみると一瞬だったな~っとなるので、毎日コツコツとすれば必ず結果は出ます!一日一日を大切にがんばってください!

関西大学経済学部 川本く(加古川北高校)

関西大学 経済学部
川本くん(加古川北高校)

学ぶことは
人を成長させること

今、一番強く感じることは、第一志望校の受験した全日程の全てに合格できたという喜びよりも、受験勉強(夏・冬の合宿や普段の生活を含めて)や、そして入試を通して人間的に成長できたと感じることです。受験生になるまでは、勉強なんて大学に入るための道具くらいにしか考えていなかったけど、今は、「学ぶことは人間を成長させる」ための重要な要素の一つであると感じています。本気で取り組んで最後までやりきったとき、自分に起こる変化・成長を感じてほしいです。

関西学院大学社会学部 佐藤くん(高砂南高校)

関西学院大学 社会学部
佐藤くん(高砂南高校)

ここは塾というより
人材育成所

受験勉強を通じて、受験勉強はただの大学受験だけではないことを学びました。受験勉強では今後の生活・社会で必要な事を学べると思います。それは主に、「徹底的にこだわる」ことと、「主観で燃え、客観で判断する」ことです。これらのスキルは成長に必要不可欠であり社会に出てからも必要とされる物だと思います。まだまだ未熟な自分がこのような事を書くのは恥ずかしいですが、今後これらのことを実践し、人生に役立てていきたいです。

関西学院大学法学部 濱田くん(三木高校)

関西学院大学 法学部
濱田くん(三木高校)

挑戦して完全燃焼すれば道は開ける!

僕は塾に3年間通っていました。高1の時は志望校もなく目標がなかったので成績もあまりよくありませんでした。2年になってから関学に行きたいと思うようになり、まずは英単語をコツコツやって誰にも負けないぐらい覚えました。すると3年の夏頃には英語が得意教科になっていました。また一緒に競い合い、教え合える仲間が出来たことも合格出来た鍵となりました。ジーニアス英単語帳を全て覚えてしまうと、他の物事が楽に思えます。少なくても良いので継続することと、絶対受かるという信念を持つことが大切です。

神戸学院大学現代社会学部 藤田くん(三木東高校)

神戸学院大学
現代社会学部

藤田くん(三木東高校)

夢をあきらめないで

勉強は、めっちゃ嫌いでした。最初は専門学校に行こうと思ってました。でも、俺ぐらいアホな先輩がいて、がんばってみようと思いました。やっぱり、思っていたよりしんどくて、全然頭に入ってこない時もあったけど、みんながんばっていたのでがんばることが出来ました。特に世界史が苦手でした。覚えるだけの教科かもしれないけど、自分は学校でとっていなかったのでてこずりました。出来るだけ、写真と年号を覚えるようにしました。やったらできる!のでみんなにも夢を諦めずにがんばってほしいです。

関西外国語大学英語国際学科 仲井くん(三木東高校)

関西外国語大学
英語国際学科

仲井くん(三木東高校)

ポジティヴなら
辛い事も楽しくなる

英語を話したくて、関西外大を目指したのですが、実際英語はそんな得意ではなかったので、一番勉強しました。英単語を全然覚えられなくて、1000個くらいの差が周りとありました。毎日少しずつやって、2か月で2200個を終わらせることが出来ました。そこで一気に自信がつき、努力をしたら、その分、力がつくということを身をもって感じました。努力=結果なのかなと思いました。この期間を楽しんでください。ポジティヴに考えていたら、良いことが起こります。

関西学院大学理工学部 山畠くん(三木高校)

関西学院大学 理工学部
山畠くん(三木高校)

ストイックな自分に
変われた

KIPSに入塾するまで、自分は全くペンを握らず、授業も聞かずに部活のためだけに学校に行っていました。しかし、入ってからは、高い目標をもつことができました。底辺からのスタートだったので、最初のうちからすぐに成長を実感でき、次第に勉強するのが楽しくなり、成長することが快感になりました。結果的に受けた大学全てに合格できたけど、受験勉強を通して、あきらめず高い目標を目指すことと、環境に左右されず自分にストイックになることを学びました。新しい事でもどんな事にも楽しんで前向きに取り組む事が大切だと思います。

近畿大学理工学部 谷東くん(高砂高校)

近畿大学 理工学部
谷東くん(高砂高校)

毎日コツコツすることの大切さを学べた

受験を通して毎日コツコツ勉強することの大切さを学びました。今まで自分は何でも課題を溜め込んでしまってパンクすることがあったけど治すことが出来ずにいたので、本当に良かったです。僕は、正直受験勉強という形をとれたのは、部活を引退したくらいの七月上旬でした。本当に高一、二の時はテスト前でも全然勉強しないで、部活のことばっかりしていました。そんな僕でも、ずっとE判定が出ていた近大理工に合格することができたので、人間やれば出来るんやなと思います。

関西外国語大学英語国際学科 見方さん(三木高校)

関西外国語大学
英語国際学科

見方さん(三木高校)

関係性のおかげで
乗りこえられた

KIPSの友達は、私のわからなかった問題を解説してくれたり、人見知りな私にもたくさん話しかけてくれて、とても優しくてフレンドリーでした。でも、それぞれの欠点やダメな所も理解してて、そういう関係性がよかったなと思います。先生は問題の考え方だけでなく、物事の考え方なども教えて下さり、精神的な面でも支えて下さいました。KIPSの先生はメンタルがめっちゃ強くて、やる気が漲ってて、私が見習わないといけない所がたくさんありました。先生の声かけのおかげで自分が努力できたと思います。

関西外国語大学英語国際学科 田中くん(三木北高校)

関西外国語大学
英語国際学科

田中くん(三木北高校)

自然と勉強する意欲がわく環境

最初、入ってきた時は勉強に対する意欲もあまりなく、今まで勉強してこなかったのでひどい状態でした。でも、受験勉強をしていくうちに周りの友達もどんどんレベルアップしていって負けたくないと思うようになり、毎日頑張って、精神面でも勉強に対する意欲も変わりました。特に英単語が全然覚えられなかったので、先生に言われたやり方で毎日取り組みました。最後まであきらめずに弱い自分に打ち勝つと最後には明るい未来が待っています。この受験勉強を通して学んできた事を活用して、これからもどんどんレベルアップしていきたいです。

甲南大学経済学部 中井くん(三木高校)

甲南大学 経済学部
中井くん(三木高校)

人の話を
しっかり聞くこと

人の話を聞く、基礎をおろそかにしないというのは受験の上で最も大事だと思います。途中であきらめたり、逃げ出したくなったことはありましたが、結局思い返してみると、自分の考えだけに固執するより、先生や友達が教えてくれていることをしっかり聞いている子がすごく伸びていました。受験は勉強そのものだけではなく、支え合う友達を大切にして、色々な面で相談したり、相談にのってあげることが大切だと思います。第一志望目指してがんばってください。

夏の大会まで部活動を続けながら、現役で志望校合格!。「タイプ別合格までの道」をご覧ください。