合格者の声 -2008年度-

立命館大学文学部 高橋さん(東播磨高校)

立命館大学 文学部
高橋さん(東播磨高校)

前向きにやる大切さを実感できて本当に良かったです。

KIPSは先生も生徒もみんな楽しく心のいい人で、受験勉強中も悩むことなく笑って楽しみながら成績を伸ばすことができました。私がKIPSで学んだのは、勉強は自分からすすんで楽しむ気持ちをもってやらないと伸びないということ、少し伸びたからといって覚えること(単語とか)を放置するとびっくりするくらい速く頭から抜けてしまうことです。そして、諦めなかったらいくらでも成績は伸びるし成功するということです。本を眺めたり話を聞くだけでは、わかった気になるだけで全然力にならないから、とにかく手を動かして復習すること、基本的な問題でも繰り返しやればかなり力がつくから、出来るだけたくさんやることです。前向きにやる大切さを実感できて本当によかったです。辛いはずの追い込みも楽しみながら頑張れたし、諦めずに勉強を続けて合格できたんだと思っています。KIPSのみんなが大好きです。KIPSは塾が嫌いな私が初めて行きたいと思い、続けたいと思った塾なので間違いないと思います。これからも勉強を続けていきたいと思います。

関西大学社会学部 上本さん(東播磨高校)

関西大学 社会学部
上本さん(東播磨高校)

毎日KIPSに来るのが楽しみだった!

KIPSでは、たくさん勉強したという感じがなくて楽しく受験勉強ができた。好きだった国語がセンター前から問題を解く時に混乱しだして点が取れなくなった。でも先生のアドバイスを忠実に守るように心がけてやったらまた解けるようになった。全然知らない子とも友達になれて休み時間も楽しくて、授業中も先生の面白い話がたくさん聞けて、息抜きしながら力がつくような感じだった。だから毎日KIPSに来るのが楽しみだった。KIPSで単語を覚えて先生の言うとおりにしたら絶対点は取れると思う。受験勉強は長いし辛いけど、だからこそ息抜きをしながらがんばれてよかった。

関西学院大学商学部 藤原くん(三木高校)

関西学院大学 商学部
藤原くん(三木高校)

力がつき友情も深まった!

1年間受験勉強は大変だったけれど、KIPSにいたので、勉強に対するストレスはあまり感じなかった。むしろ友達と楽しく学べたし、勉強に対する意欲が得られた。KIPSは特別な感じで、先生はすごい親しみやすかったし、質問もしやすかった。常に温かい雰囲気で、友達同士も受験勉強でぶつかり合うのではなく、むしろ友情が深まった。KIPSで勉強するのは一石二鳥以上のすばらしさがあると思った。これから受験の人は不安だと思うけど、KIPSでやれることをやっておけば力は絶対つくと思う。自分を信じて友達と協力してがんばると合格できると思う。

関西大学システム理工学部 松尾くん(三木高校)

関西大学
システム理工学部

松尾くん(三木高校)

やるべきことをやれば、自分以上の自分に出会える。

僕がKIPSに入塾したのはちょうど2年前の事でした。その時感じたのが先生と生徒の距離の近さです。分からない所はいつでもすぐに聞くことができ、気軽に進路相談に行けました。先生や友達など、僕に関わってくれた人達にはとても感謝しています。KIPSの授業では、先生が僕のことをよく理解してくれ、毎授業自分の課題を意識することができました。苦手だった現代文も大好きになりました。今、志望校合格という最高の形で受験を終え、喜びと期待でいっぱいですが、受験で学んだ「人の話や時間を大切にすること」を忘れないでいたいと思います。

夏の大会まで部活動を続けながら、現役で志望校合格!。「タイプ別合格までの道」をご覧ください。