なぜ伸びるの?KIPS5つのいいところ

大学に入るための勉強ではなく、「本質的な力を身につけるための勉強」をしてみませんか。

何のために勉強をするのか・・・。
なぜ人生の貴重な時間を大学へ行くための勉強に費やすのか・・・。

それは、将来のより優れた自分を実現するためではないでしょうか。
神戸インターナショナル予備校(KIPS・キップス)では、国公立大学・私立4年制大学・大学院受験、社会人入試指導に加えて、海外の提携校への留学、ネイティブ講師による英会話、アウトドア・アクティビティ、国内外の国家資格、就職や転職支援など、さまざまな知識と技術の習得機会が用意されています。
「学ぶ」ことの技術革新によって、新しい受験勉強のあり方を提唱する新しい学び舎で、本質的な力を身につけるための勉強をしてみませんか。

イイトコロ1 英語に特化

英語の授業風景

ネイティブの先生が直接指導!
グローバル化の流れから、社内公用語化など
英語が必要不可欠な場面が増えつつあります

英語を使って相手の文化をふまえながらコミュニケーションをとることは、近い未来の社会において必須のスキルとなると考え、KIPSでは英語学習に力を入れてます。
そして、「KIPSは英語の学力が劇的に伸びる」と地域の皆さんからも好評をいただいております。
高校生を対象とした世界で実際に使える英語を身につけることを目標とした「アカデミックイングリッシュコース」と、留学や就職活動の際に武器となる英検やTOIEC、IELTSなどの世界で通用する英語能力の検定試験に挑戦する方を対象とした「試験対策英語コース」の2つのコースがあります。
この両方のコースをKIPSの姉妹校出身のネイティブの先生が直接指導します。

イイトコロ2 少人数制コミュニケーション授業 1クラス6~8人制(最大10人)

「あたりまえだけど、聞くだけでは伸びない」
すぐ質問できてすぐわかる。つまり、効率がいい

効率的な勉強のプロセスには、「先生と生徒が一緒に考える環境」や「よい授業+学ぶ姿勢」という信頼関係が必要だと思いませんか?「解説を聞くだけ」「問題を解くだけ」では本当の実力はつきません。正解へ至る根拠を自分で導き出せるようになることが重要です。

少人数制コミュニケーション授業イラスト

この実践のために、KIPSでは講師が常に生徒の状態を観察し、各生徒の課題を把握し、課題克服に向けて直接働きかけます。講義形式の授業、生徒同士のコミュニケーション重視のグループワーク形式の授業、勉強が遅れている生徒への個別型補習との相互作用の力により、生徒は急激な学力の伸びを見せて成長していきます。

イイトコロ3 高い合格実績と合格率

授業風景

第一志望大学合格率 83%
うち9割の生徒が関関同立・産近甲龍以上の大学へ進学

私たちは教育学の専門家と共同で、「学ぶ力を育てる」ことを追求してきました。海外の学校や優れた私塾と提携し、講師交流や新授業カリキュラムの共同開発をおこない、その過程で、講師の実力も大きく伸びてきています。
KIPSでは、指導方法や授業のクオリティに妥協をせず、様々な改善・向上の取り組んできました。それにつれて年々教育効果は高くなってきています。累計では、第一志望大学への合格が83%となり、そのうちの9割の生徒が関関同立・産近甲龍以上の大学へ進学しております。

イイトコロ4 偏差値15以上UP

授業風景

塾・予備校業界で一般的におこなわれている
「点数の取り方指導」はおこなっておりません

そのかわり、大学において高度な人類の知的財産を引き継ぎ、社会において活躍するための素養を伸ばすための指導をおこない、人格や認識力の成長の結果として点数が上がってくるという仕組みを堅持してまいりました。
そのためにまず生徒と『目標』を共有します。
1学期には「基礎学力をつける」「受験レベルの文章・問題に慣れる」「学ぶ姿勢をつける」の3つを基本方針として取り組んでいきます。夏には、1ヵ月に及ぶ合宿を行っています。
合宿では、「生活習慣の改善」「集団生活の中での相互理解・協働・相互作用」「目標達成までの過程の共有やチームとしての連帯感」「環境に左右されない強さ」「自分の苦手にコツコツ取り組む忍耐力」など、高い水準の「学ぶ力」を持続・発展させていくための力の獲得を目指します。
こういった取り組みの結果として、毎年平均偏差値15以上UPという、受験業界では信じられない成果を上げ続けているのです。

イイトコロ5 無料補習・奨学生制度・特待生制度

補習風景風景
補習風景風景

高3生・浪人生の平均補習時間は161.6時間!

当校では、生徒の成績向上に責任を持ち、確実に成果をあげていくために、最大効果、最大効率を目指しております。
その取り組みの一つが無料補習です。
営業時間内(9時~22時半)であれば、いつでも質問を受け付けています。
ここ数年間、一人あたりの補習時間は平均年間108.2時間。高3生・浪人生の平均は161.6時間となっており、徹底対応をおこなっております。
その他にも、KIPS独自の奨学生制度、特待生制度を設けております。

おまけ1:KIPSその他のイイトコロ「KIPS食堂」保護者の声からできました!
KIPS食堂

「塾の日の子どもの夕食や夜食の偏りが心配」という保護者の方の声から、ついに昨年、学食をオープンすることができました!特によく使うビタミン豊富な豚肉は、提携先の牧場から直接仕入れています。昨年の夏から自家栽培の野菜も増やし、生徒の健康増進や満足に役立てたいと考えています。しょうゆなどの調味料に各地特産の自然食品を取り入れながら、牧場直送のお肉と、学生団体W-Oopsと一緒に作る完熟野菜を使い、おいしい料理で勉強をバックアップしていきます!

おまけ2:KIPSその他のイイトコロ「海外留学」「8月の海キャンプ」などバラエティ豊かな課外活動
「海外留学」「8月の海キャンプ」

毎年、ニュージーランドやイギリス、オーストラリアへの海外留学を実施しています。
また、学校の長期休暇にはキャンプやファーム体験など、異文化や異年齢、自然との関わりの中で、視野を広げながら学び続ける人にふさわしい活発な活動を続けています。

「なぜKIPSは英語の学力が伸びるの?」次ページ「英語学習について」をご覧ください